ブルーフローライト・自分の心に聞いてみよう/ペンタクルの4

2017年6月14日 ブルーフローライト・自分の心に聞いてみよう/ペンタクルの4

おお、久しぶりに良いカードですね。

物事は順調に推移しそうです。そしてあなた自身は今までに築いてきたことを守ろうとする気持ちが強くなっている状態を暗示しています。

ところがその一方、何か大きな話が舞い込んでくる可能性も。この話に乗るべきかどうか?判断に迫られることがあるかもです。

今の場合、周囲の人がどんな発言をしようとも、「自分の気持ち・考え」を優先すべし。カードはそのように告げています。

これは言わば責任を負うことを示唆しています。どんなことも最終的に自分で決定すること。これが責任です。そうすればどんな場合にも悔いが残らない決定になります。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーフローライト(意味辞典に未記載)。

ブルーフローライトに求めるのは「自分の本心との対話を助けること」。ブルーフローライトは基本的にコミュニケーションを助けるパワーストーン。コミュニケーションというのは人対人だけでなく、自分自身の心に対することもあり、もちろん、自分と外の世界全般にも関わっています。すべての回答は良いコミュニケーションの結果にあります。例えば、ある機械がうまく扱えないとき、その機械とあなたのコミュニケーションがまずいというわけです。

ちょっとした運動が幸せを呼ぶ

おなじみ、ライフハッカーよりちょっとした記事です。

「ほんのちょっとの運動」でも幸福度は上がる:調査結果

なるほど、ささいな運動、例えば座り仕事をしている人がオフィスの周りを5分歩くだけでも健康への悪影響を緩和できるそうです。

わざわざ、「運動だ!」と言ってジョギングしてみたり、ジムに通うほどのことをするまでもなく、本当にちょっとしたことで効果テキメンなようですね。

それで思い出したのが「ラジオ体操」。

この運動、実は年配者が日常的に怪我をしないことに一役買っているそうです。

それは、ラジオ体操というのは日常的にあまりしないような動きが多彩に存在するため、いざ転んだ時にとっさに動けるような筋肉とその反射を鍛えておくことになっているそうな。そして実際、毎朝ラジオ体操をしているグループの年配者では怪我が少ないそうです。

確かに、子供の頃にしていたラジオ体操について、なぜこんな「日常でしないような動きなんだ、意味あるのかな?」と不思議に思っていました。

ラジオ体操が開発された当時、そんなことを考えながら作ったとは思いにくいのですが、思わぬところで役立っているようですね。

セレニティアスの仕事では、本当に座ったきりのことが多いです。気をつけて率先して散歩などするようにしていますが、これで良かったのですね。

明日が良い日でありますように。


公開日:2017年6月13日 最終更新日:2017年6月13日