アンバー・大逆転劇/運命の輪

アンバー
アンバー(Amber)

2017年4月18日 アンバー・大逆転劇/運命の輪

おっ、これは困っている人にとっては劇的に良いカード!

文字どおり、運命が回転しますよ!

現状で問題を抱え、どうにもうまく行かない人、どん底にいる人は「ぐるり!」運命が変わって大逆転の可能性。大変な吉兆です。思いもよらぬ方から助けがやってきたり新しい出会いによって劇的な変化がもたらされるようです。

また、今これといって不自由なく過ごしていた人は将来について備えてください。運命の輪が回り、急転直下でどん底になるとも限りません。準備万端でいてください。未来に投資し時間と体を使うのが吉。

人生には良いことも悪いことも起きます。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「素直な実行力」。凍えそうな主人の心にぴったり寄り添い、いつも温め続けてくれるストーンです。消極的な考え方を取り除き、自分の気持ちを安定させます。運命の輪で人生が逆転するような人は、これまでかなりダメージを受けていそうですよね。そういう人にとって癒し系でありながらも行動を支えてくれるはず。

ある音楽家の運命

実は昨日、筆者が好きだったギタリスト「アラン・ホールズワース」さんが亡くなりました。享年70歳です。

氏は1970年代初頭よりギター演奏の世界で新しい分野を開拓してきた人でした。

その世界では世界的に十分に有名人でレコード多数、ステージでの演奏も数え切れません。

しかしながらある種の「専門分野」というのは、それがどんなに達者であってもそれでご飯を十分に食べられるかどうかは全く別問題です。世界に信奉者がいたとしても、それでは食べられないと言う現実があります。

氏は実際に「孤高のギタリスト」と呼ばれていました。

何にも迎合せず、自分の表現という純粋に芸術のためだけに人生を捧げたという感じです。

そうして、氏は貧困のため、病気になっても十分には手当ができなかった様子。その上に葬儀の費用さえこと欠く状況のようです。

そしてふと気づくと、氏の葬儀費用の捻出と、残った家族のために「募金サイト」が立ち上がっていました。

そのサイトをざっと見ますと、立ち上がってから24時間ほどで日本円にして600万円ほどが集まっていました。(最初の募金のゴール設定は2000ドル=220万円ほど)

氏は生きている間に決してお金持ちにはならなかったけれど、自分がしたいことだけしていたんだなと思います。そして氏がしていたことの理解者は世界中にいたのです。

運命の輪がぐるりと回ったのでしょうか。

「現状のボディの状態ではちょっと厳しいかも。そこそこな年齢だしね、お金ないしね」
「じゃあ、次の人生でまた音楽をやるかい?じゃあ、そうしよう」

そのようなことが起こったのかもしれません。

明日が良い日でありますように。


公開日:2017年4月17日 最終更新日:2017年4月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です