パワーストーン選択と活用の実際

このコーナーではセレニティアスフルオーダーのご依頼に関し、実際の事例を元にどのようにパワーストーンを選択しているのかを説明しています。

まずは各事例の留意事項をお読みになり、それから各活用事例をお読みになることをお勧めいたします。

パワーストーン活用事例

各事例のタイトルをクリックしてそのページに移動します。

各事例の留意事項

各事例の記述について

お客様のご依頼内容はどれもプライベートなもので、ページ上で内容をそのまま記述することはできません。また実際のご依頼内容は(ご本人が意識するより)複雑なことが多く、使用するパワーストーンの選択が完全に確定する過程も膨大なやり取りが必要なことが少なくありません。

そこで小さな物語としてしてわかり易い状態にすることと、プライバシーを保護するために各事例の紹介としてはかなりな簡素化を行っています。ですからパワーストーンの選択は、実際にはもっと複雑で困難な作業があることにご留意ください。

話の中に出てくる「リーディング」とは

これは実のところ大変説明しにくいことです。でもがんばってどのようなことかを書き留めておきます。

まずお客様からの依頼文を読みますとセレ(彌永由利江)の頭の中に各種パワーストーンの画像が浮かびます。おおざっぱに云えば、そのお客様のご依頼に必要なストーンです。

ただし、この段階ではまだストーンの色でしかわからないこともあり、たとえばブラックオニキスショールなどは頭の中では一見同じに見えますので、次にそれらしきストーンの現物を手にしながら強く反応が得られるものを探します。

ですから、そもそもがパワーストーンの効能の知識が先にあって、それから選んでいるわけではありません。

ストーンの選択と配置について

ご依頼主の願いに従い、ひとつの話題について複数のパワーストーンが登場します。ここでピックアップされたパワーストーンを使ってブレスレットなどの作品に仕上げています。

ただし、複数のパワーストーンをデザインのみに着眼してただ配列することはありません。

選択されたパワーストーンの配置(並び順)は厳密にテストされ、各ストーン本来のパワーが出るように位置を決めています。

これは同じ種類のパワーストーンが複数使われている場合でも同じです。それぞれがあるべき位置は確定されており、同じ種類のパワーストーンでも場所を入れ変えることはできません。例えば一本のブレスレットに10個のクリスタルが使われているとしたら、それぞれ10個のクリスタルは居場所が確定していて入れ替えはできません。

必要なパワーストーンをピックアップしたら、次に大切なのはそれらの配置なのです。

最初の願いがそのまま通らない理由

最初のご依頼にある願いごとでそのままストーンの選択が始まることはまずありません。最初の願いでそのままストーンの選択ができるのは、実績として1/500程度です。

お客様に願いの内容を深くうかがいますと、表面的には見えなかった内容が見えてきます。ここでご自身も気づかなかった願いの根本が初めてあぶり出されることになります。正しくパワーストーンを選択するためにはこの作業が必要になります。

パワーストーン製品の使用結果について

各事例の物語はあくまで個別の例であり、セレニティアス製品一般についてその働きを保証するものではありません。願いを叶えるために、ご依頼主ご自身の真剣な取り組みがそこにあったことは間違いありません。

参考情報 無料ダウンロード(ショップが書けなかったパワーストーン選び)

前のページ