ローズクオーツ

愛情に関する作用の真実

一般的にローズクオーツといえば「恋愛の万能石」のような取り上げ方が多いですよね。ところが実際にはこストーンが持つの本来のパワーは「自分も他人も分け隔てなく、愛するという心を育む」というところにあると思いってます。

ローズクオーツ


愛といえば、第三者に向けての感情表現と思われがちですが、ローズクオーツの持つ「愛」とは、もっと深く「自分も他人も同じように愛する」という規模なのです。

ローズクオーツの神髄

  • 人から愛されたことがないから、人をどう愛したら良いかわからない・・
  • 好きになった人や、恋愛をしたことがないから、人を愛せない・・

など「愛」に関しては、様々な悩みを持つ人が多いことでしょう。

自分自身が「愛される」という喜びを知らないと、人と愛を育むことは難しいかも知れませんよね。

人に向ける愛を願う前に「まず自分を誰よりも愛す」

これがローズクオーツの持つ「愛の基本形」です。

これは「ナルシストになれ」と言うことではなく、他人に愛されたことがない人でも、自分で自分を愛することは出来るはず。恋人がいなくても、一人きりでも出来ることですよね。

参考パワーストーン ミルキークオーツ

まず自分を愛し、自分の心の中を「愛」で一杯にして自分の心からあふれた愛を人に渡す・・これなら誰にでも出来ることではないでしょうか。

愛される喜びを自分で自分に与える、そして得た「心のゆとり」を持って人に接すると、相手はあなたに「悪いイメージ」を持つこともなくなるでしょう。

切羽詰まった「押しつけの愛情」よりも内面よりにじみ出てきた「ナチュラルな愛情」ならどんな人でも受け入れやすいと思います。

そんなナチュラルで、穏やかな愛を表現出来るようになるために
ローズクオーツを使ってみましょう。

ローズクオーツのメモ

愛情に関するローズクオーツのことを書きましたが、このパワーストーンが作用する過程においては様々なことが起こります。

ローズクオーツを使用したセレニティアス製品

代表的な物は以下のリストです。

関連記事

前のページ