ミルキークオーツ

自愛のパワーストーンの意味

下の画像では左寄りの白く少し透明な雰囲気もあるストーンがミルキークオーツです。

ミルキークオーツ


その名の通り、まるでミルクの上澄み液のように「柔らかな白さを持つクリスタル」です。持ち主となる人に「無条件」で「見返りを求めない愛情」を注ぎ込みます。

まずは自分を愛することから

もしも持ち主となる人が、不幸な境遇や悲しい体験などで心を閉ざし、人に愛を与えることを忘れているようなとき、ミルキークオーツはまず自分自身を愛するように働きかけます。

そのあと、自分自身に注がれた「愛情」によって、少し穏やかになった心の奥を「全てをゆだねても良い安心感」で満たし、かたくなになった心をほぐします。

過去の心の傷を浄化し再び人を愛せるよう、自分の心をさらけ出す勇気を与えます。そして自分には「いつでも帰れる場所があるんだ」という安心感で包み込み、自分から「心の殻」を破るようにと励まし続けます。

小さなコラム 自分を愛するということ

自分を愛する、これを端的に言い換えれば「自愛」ということになります。

一方「自己愛」はナルシズム。

ナルシズムを更にひもとけば、大辞林によると・・・

  1. 精神分析の用語。自分自身を性愛の対象とすること。自愛。ギリシア神話のナルキッソスに由来。
  2. 自己陶酔。

ここで「自愛」と「自己愛」をごっちゃにしてはいけません。セレニティアスでもこれをごっちゃにしかけていました。

セレニティアスの仕事で多くのお客様とやりとりする中で感じることに、問題のいくつかは「自己愛」でなく「自愛の欠如」が原因ではないかと思えることしばしなのです。

愛してもいないことやもの、事柄に対して責任を持てるでしょうか?

自分自身に責任を持つこと・・この意味においては自愛が不可欠ではないかと思えてなりません。人生の中で発生する問題の多くは、自分自身への責任の無さが原因になっていることがありませんか?

自分自身への責任を持つこと=自愛

そんなことをお客様のメールを読み、多くのパワーストーン選択をしてみて感じる今日この頃です。

関連記事

前のページ