マザーオブパール

母性の意味と効果

マザーオブパールは本当はストーンではなく「白蝶貝」と呼ばれている、養殖真珠の母貝です。その殻を切り出して加工したわけですね。

マザーオブパール


これはいわゆるストーンではありませんが、天然石と同列のパワーを持っており、セレニティアスではパワーストーンの仲間として利用しています。

マザーオブパールは他のストーンと上手く組み合わせることで、不安・怒りなどの「マイナスエネルギー」を取り去り、不安定な心を「無条件の母性の優しさ」で包み込み、冷えた心を温め癒す作用に優れてきます。

単独での使用よりも組み合わせが重要

古くは「女神の慈愛を宿す石」とも言われていて、心に柔軟性と潤いを育み、女性としての内面の美しさを思う存分、誰に対しても発揮できるようにサポートします。

男性の利用もあり得る

女性心に疎い男性が愛用すると、心に柔軟さを育み、ストレートに物を言うようなことを控えさせ、誰にでも穏やかに話すことができるように働きかけてくれます。

だいいたい、人間というのは性別にかかわらず男性性と女性性の両方が必要ですから、ことによってはマザーオブパールのようなパワーストーンを男性が使うというのも有用です。

私のとっておきの利用法

自分の周囲で嫌なことが続いたり、自分の気持ちがイライラしてきたときに使います。

マザーオブパールを枕元に置いたり、枕の下に入れて早めに寝てしまいます。ぐっすり眠っている間に心が清められ、ピリピリしていた角が取れ、様々な物事に対して「感謝する気持ち」が蘇ってきて「穏やかな精神状態」に戻れます。

関連記事

前のページ