セレナイト

癒しの作用、それは超上級者向けのパワーストーン

ジプサム(石こう)の中で「無色透明」のモノを指してセレナイトと呼びます。この鉱物の変種として「サンドローズ(砂漠のバラ)」がありますね。

セレナイト原石
セレナイトタンブル



このセレナイトはとても柔らかい石で、水や湿気、なにより人の油脂が苦手なストーンなので、あまり宝飾品としては利用されていないようです。

実際にアクセサリー類の素材として小さな丸玉などは見かけません。画像のようなタンブル状態の物か、原石に近い状態が多いです。

ストーンを手で触れた後は、必ず柔らかい布で油脂や水分を拭き取ってから乾燥剤などと一緒に収納してください。しかし、拭き取ると言ってもそのときにボロボロと欠けそうにすらなるもろいパワーストーンですよ。(むしろ素手で触ることは避けた方が良いほど)

淡くはかなげに光を透過するセレナイトは「浄化」するパワーが強力なストーンのひとつです。

時空を越えた古傷に触る・・・直面できないと意味がない

その浄化レベルは、普通に言う心の古傷の癒しなどではなく、はるか昔から「その人の魂についていた傷」を癒すほどのものがあります。

はるか昔からその人の魂についていた傷

これって不思議な表現ですが、もっとも簡単な理解として試しにでも輪廻転生(りんねてんしょう)を肯定してみてください。ここで言うはるか昔というのは10年50年といったスケールではありません。もっともっと、数百年とか、ことによっては数千年とかも更にもっと・・・・それくらい過去のことと関係するかもです。

今の人生以前に、いくつもの人生があったとすると、そこで様々な出来事があって、それはそれは様々に魂が傷ついている可能性があるわけです。

そして、その古い古い傷は今の人生にも影響を及ぼしているということですね。

ですから、今の人生で目に見える傷だけ治しても、どうにもならない古い傷が他に多数あるかも知れないということです。

理由がどうしても解らない反応をするという自分自身について、ふと思い当たるフシがある方がいらっしゃいませんか?これらはもしかすると古い人生の中の出来事が関係するかも知れませんよ。

セレナイトには、今自分が生きている人生よりも時をさかのぼり、遥か昔の傷まで癒そうとする作用があります。ですからその取り扱いはストーンの上級者でもかなりの注意が必要です。(って言うか普通は無理でしょうか)

でも、このストーンと上手くシンクロできれば、ハッキリとした理由もわからないままで持っていた「苦手意識、恐怖心」(以前の人生の傷が原因となる)などでもキチンと癒すことができます。(それに向き合うことができればですが、まあ普通は無理)

断言しますが、セレナイトの癒し効果を本当に得るのは難しいです!
(普通、無理)

まだあるセレナイトの意味と効果

他に、セレナイトの特徴としては物事を観察する力、直感力に働きかけるパワーストーンの一種です。その昔は「水晶球」の代わりに占い師に愛用されていました。

精神をリラックスさせ、集中力を高め、思考力をアップさせる作用があるからでしょう。

余談ですが、水晶球を使うときは、水晶球の中にビジョンが見えます。セレナイトの場合は、頭(心)の中にビジョンが見えるという違いがありますよ。

更に、セレナイトは非常に深いリラックス感をもたらす作用があるパワーストーンなので、神経過敏状態にある人にもお勧めです。

セレナイトは目で見ることによってストーンからのパワーを受け取ることをお勧めするとても珍しい取り扱い方のストーンですね。

ううん、しかし癒しとしては最終的にお勧めしにくいパワーストーンではありますねえ。

関連記事


前のページへ戻る