クリスタル

万能で重宝なパワーストーン、まるでご飯

パワーストーンと言えばクリスタルというほどに皆様にもなじみがあり、目にする機会も多いですよね。パワーストーンとしてその意味や効果も広範囲に渡ります。

クリスタル



あまりにもポピュラーなパワーストーンではありますが、まるで「お米のご飯」のように、パワーストーン使いにとってなくてはならないアイテムです。

しかしひとことで「クリスタル」と言っても、その種類は数多くあり、実際にはかなり多くのパワーストーンががクリスタルに分類されます。

そこでこの解説では皆さんが日常的に思っている無色透明な「クリスタルクオーツ」について書きましょう。

この本文ではクリスタルクオーツを、単にクリスタルと書くことにします。

クリスタルの主な守備範囲

クリスタルのグループは、どれをとっても「他のストーンにパワーを供給できる」という特性を持っています。持ち主に対してクリスタルそれ自身がメインで働きかける場合もあれば、自分は補佐に回り「他のストーンのパワーを助ける」といった裏方の仕事に徹することもあります。

そしてどちらをもっても「持ち主にとって、最適」な方法をとっているというのが大変優秀で使い易いところです。セレニティアス作品でも必ずと言えるほど作品中に使われていますよ。

葬儀&法事のときの役割

ところでクリスタルは、葬儀や法事などで使われる「数珠(じゅず)」によく見かけます。(最近ではあらゆるパワーストーンがその意味や効果を無視した形で使われているようですが)

それは、このストーンが持つ「守護のパワー」によるものと考えられます。(昔からそうと気づいていた人がいたとしか思えません)

持ち主となる人と外界との間に「結界(けっかい)」と呼ばれる「エネルギーのドーム」を作り、ドームの外側にあるマイナスエネルギー(まあ良からぬ諸々)から持ち主を遮断し、その影響から守護するという働きですね。

葬儀や法事でその結界の役割をクリスタルに担ってもらうということは、葬儀や法事では良からぬ霊がうろついている可能性があるということでしょうかね。

掃除機の役割もする

かと思えば、持ち主の内にある「マイナスエネルギー」をに吸収する「掃除機」のような役目をすることも出来ます。

クリスタルは、自分のパワーを「出すことに使ったり、吸収することに使ったり」と両方の働きができるパワーストーンです。

これは意外に珍しいタイプの意味や効果なんですよ。

クリスタル、人によっての注意点はこれ

ところで、よく「霊障除け」のために、クリスタルを愛用される方がいらっしゃいます。

しかしこのストーンを持つことで逆に感覚が刺激され「霊感」や「第六感」がさえてしまい、余計に見たくないものが見えてしまう・・といったケースもありますよ。

これを防ぐためには、クリスタルだけで使用するのではなく「身辺守護」に徹するような状態を維持してくれるように「補佐のストーン」を一緒に組み合わせることが必要になります。

そう、パワーストーンを上手に使うには、それぞれの意味と効果を丸呑みするだけでなく、組み合わせて使うことが秘訣です。

と言いますか、セレニティアスによりますと、組み合わせて使う方がより効果的であり、むしろそうでないと無理があるとも考えています。

>>セレニティアスの書籍「パワーストーン組み合わせの技法Vol.1」はコチラ

第六感の注釈

第六センス」を参照のこと

クリスタルを使ったセレニティアス製品

冒頭にも書きました通り、クリスタルは大変有用でパワーストーンの基本中の基本。セレニティアス製品の全てにクリスタルが使用されています。

関連記事

前のページ