カルセドニー

種類が多いカルセドニーグループ

ひと口にカルセドニーと言っても、実は色によって様々な名前が付けられ、パワーストーンとしても意味や効果が異なります。

カルセドニー



左の赤いストーンはおなじみのカーネリアン。右の緑のストーンがクリソプレーズ。まったく異なるように見えますが、どちらもカルセドニーの仲間です。

他にはシーブルーカルセドニーというものがあったり、パワーストーンの命名というのはかなりややこしいです。

更にカルセドニーの中で、インクルージョン(内容物)が入ってシマ模様をしているものを「アゲート」と呼び、シマ模様のないキレイな半透明の状態のものを「カルセドニー」と区別して呼んでいることもあります。

他のパワーストーンと組み合わせやすい

その働きは、カルセドニーの種類によって多少は異なりますが、ここでは大まかにグループ全体として意味と効果をお伝えします。

大きな効果としては「リラックス」系で「大らかな精神状態」を得意とするパワーストーンです。

持つ人の心を穏やかな波動で包み、緊張感を取り除いたりリラックス状態へ導くのが得意な感じですね。

また、心の壁とか偏見を取りのぞく効果に優れていることから、誰に対しても「同じ愛情、態度」で接することができ、結果としてそれもリラックスにつながることでしょう。

それにこれを愛用していると、あまり小さなことにこだわらなくなり、争いなどが起こりにくくなりますよ。

他のどんなパワーストーンとも仲良くしてくれることも特徴的で、それは意外に数少ないものです。

ブレスレットなど多種のパワーストーンを組み合わせる作品には大変使いやすいです。

>>セレニティアスの書籍「パワーストーン組み合わせの技法Vol.1」はコチラ

少しだけ異なるカーネリアンについて

リラックス系のパワーストーンとして基本ラインを取り上げることができるカルセドニーですが、仲間であるカーネリアンはちょと別。

カーネリアンをわざわざリラックス用のパワーストーンとして使うことはまずないと思えます。

関連記事

前のページ