パワーストーンの意味と効果を知る

意味と効果
トップページ / パワーストーン意味辞典 /Q&A一覧 / スタッフ / 特定商取引に関する表示 
もくじ
 コンセプト
 ハウツーシリーズ
 Q&A
 カタログページ
 あなたのカート
 お客様専用ページ
 ブログの紹介

パワーストーンそれ自体へのQ&A

■ショップでパワーストーンを買うときのポイントは?

ショップでパワーストーンを買うとき、良い物を選びだすようなヒケツみたいなことがあったら教えてください。

答え:とっておきの方法を教えましょう!

良い方法がありますよ!ちょっとばかり多くの項目があり、実行するには面倒かも知れませんが、お教えしましょう。ぜひお試しください!

■パワーストーンショップへいつ行くか?

まずはショップへ行く日を決めましょう。これには月齢を参考にします。

1)男性は、新月とその前3日間、新月とその後の3日がベスト。
  (合計7日間ですね)
  
  ※ 新月とは月が欠けて完全に見えなくなっている月のこと。
  

2)女性は、上弦の月当日を入れて4日間がベスト。

  ※ 上弦の月とは、これから満月にふくらむときの半月のこと。

下の図解をご参照ください。

【注意】

月齢がショップへ行くのにぴったりだったとしても、イライラしていたり、嫌な事があった日は避ける方が無難です。

それから・・

ベストな日に行けないとしても満月をはさんだ前後7日間は、避けること。

カレンダー上で、その日の月齢を知るためにはすばらしいページがありますので紹介しましょう。

【月齢がパワーストーン選びに影響を与える理由】

自分に合うパワーストーンを探し出すのは、知識や常識ではなく「第6のセンス」に従った方が見つけやすいのです。

男性の場合、新月を挟んだ7日間が一番「第6のセンス」が働きやすく、女性の場合は上弦の月当日を入れて4日間がそれに当たります。

男性と女性では買いに行くベストな時期にズレがあることになります。

男女共に、満月をはさんだ前後の7日間は、普段は抑圧していた感情が表面上に出やすく余計な気分の高揚が起こりやすいので、パワーストーン探しには向きません。

■パワーストーンショップへ入るときの用意

お店に入る前に「理想的な呼吸」や「メディテーション」を行ってからの方がよりベストです。それでも仕事中や外出先では無理な場合も多いでしょうからその場合は「理想的な呼吸」だけでも構いません。

「理想的な呼吸」や「メディテーション」の詳しい実践方法にご興味がおありの方はパワーストーンコンタクトの技法をご参照ください。

それから以下の留意点をご参考に。

  • 飲酒・喫煙から1時間以上あけておくこと
  • できるだけ「白っぽい衣類」か「パステルカラー(薄い色)の衣類」を身につける

濃い色の服だと店内の照明で服の色が石に反射します。ショップの照明は強く明るいことが多いのです。

  • 手をキレイに洗っておくこと
  • 太陽が出ている時間帯に行くこと

ショップから出るのが日没の前になるようにします。日が沈むと自分自身がナーバスにやりやすく、パワーストーンにある他の人の影響を受けやすくなり、それを数日間持ってしまうことがあります。

粗塩(できれば国産)を持つ

粗塩を大さじ一杯位、半紙に包んで身体に身につけておくこと。これにはちょっとしたボディーガードの目的があります。粗塩は湿気を呼びやすいので、塩の包みの半紙ごとポリ袋かラップ類で包んでおくとよいでしょう。

クリスタルクオーツ(透明な水晶)以外のストーンは身につけないこと

クリスタルクオーツ以外はお店に入る5分くらい前に、身体から外してバッグなどに収納しておきましょう。服のポケットでは身体に近すぎてダメです。クリスタル以外のストーンがあると、陳列されたストーンの情報が屈折させられることがあるのです。

ショップから出たらできるだけ太陽の光を浴びましょう。

これをおすすめしたいので、ショップへ入る時間帯としては日没までに出られるような時間を選びます。

■こんなパワーストーンなら大丈夫

  • 周囲のストーンよりも、キラキラと光って見えるもの。
  • 陳列中よりも手に取るときれいに見えるもの。
  • 左手にのせた時に、暖かみを感じるもの。
  • 左手にのせた時に、なんだか懐かしいような感じがしたもの。
  • じっと見ていると、今にも動き出しそうな感じがするもの。
  • 見るだけで、心が温かくなるもの。
  • 見ているだけで、まるで身体が「温かい風のようなもの」に包まれているような感じがするもの。
  • すぐに名前をつけてあげたくなるような気分になるもの。

これらのことはもしかすると既に経験済みの方も多くいらっしゃいませんか?

■こんなストーンは避けよう

  • ひと目見たとたんに、淋しい気持ちを感じるもの。
  • 陳列中はきれいに見えるのに、手に持つとくすんで見えるもの。
  • 1分ほど左手に軽く握ってみても冷たいままのもの。
  • 左手にのせた時に、イライラした感じがするもの。
  • 何か冷たく感じるもの。
    (これは温度でなく冷たいような感触。)
  • 直射日光が当たる場所に陳列してあるもの。
    (これは説明しにくいのですが、私自身で言えば太陽光に毎日当てられて放置されているパワーストーンに良い物があまりないように思えます。)
  • 見ていると「めまい」を感じたり、吸い込まれそうな感じがするもの。
  • 見ているだけで、嫌なできごとや、腹がたった時のことなどを思い出すもの。
    (わけもなく笑ってしまうパワーストーンもダメ)

いかがですか!?

ショップでひとつのパワーストーンを手に入れるにもいろいろとありますよね。
ちょっと面倒な気もしますが、むしろこれを楽しみとしてみてはいかがですか?

<<もどる